落ちやすい方法

女性

妊娠中は生まれてくる赤ちゃんのために栄養などもコントロールして、元気で健康に生まれてきてほしいと親としては願います。しかし、出産後に太りやすくなってしまう人もいますので、リバウンドしないダイエットを心がける必要があります。妊娠中だと産婦人科で様々な食べ物の注意点を言われるために、その反動で出産後に食べ過ぎてしまったり、我慢していたストレスからくることもよく聞く話です。ダイエットを心がけるには基本的には食事制限ですが、運動療法によって脂肪燃焼して体重が落ちやすくなります。有酸素運動で痩せるのは合っていますが、実際に痩せるためには基礎代謝を上げることが大事なので、筋力トレーニングを取り入れることが大切です。筋肉の引き締め効果もあるので、むくみで太って見える人でもシェイプアップができて、見た目から大きく変ることができます。

自重でスクワット

カレンダー

女性が産後ダイエットを試す場合には、簡単な筋力トレーニングを始めてみることが効果を大きくさせてくれます。簡単な方法ではウエイトなどを使うのではなく、自重といって自分の体重だけで負荷を強くしたり弱くする方法が安全に刺激できます。まずスクワット運動では、息を吐きながらお尻を下に降ろしていき、息を吸いながら下げたお尻を上げていく方法で、呼吸方法をマスターすることです。人間の筋肉は脚の太ももの筋肉が一番大きくパワーを発揮できますし、また太ももからお尻を引き締めることによってシェイプアップも可能です。リバウンドしないダイエットには基本的に大きな筋肉を活動させて、基礎代謝を上げ引き締め効果で見た目のダイエットも成功します。

水中ウォーキングの効果

お腹

有酸素運動ではウォーキングが一番手軽に始めることができますが、効果を出すには水中ウォーキングの方がベストです。水中では水圧がかかることや浮力の関係で体が軽くなりますので、太りすぎて膝などに負担がかかる人はとてもいい方法になります。水圧がかかることで筋肉に良い刺激になりますので、血流がアップしますし水の抵抗によって普段使えていない筋肉も活動し始めます。特に細かい筋肉ではインナーマッスルと呼ばれていて、水中で全身を鍛えられることで筋肉バランスが良くなってきます。水中ウォーキングは無理なく自分のペースでできることや、監視員がいるプールで何度も同じコースを歩くことになるので、安心して運動をできるのがメリットです。出産後は特に動きを激しくしないでリバウンドしないダイエットを心がけることで、筋肉を動員して痩せにくい体から痩せやすい体に変えることができます。

広告募集中